天然石鹸・木精/空-Coo-
HOME > 石けん(木精) > 製造行程

木酢石鹸・木精(こだま)の製造工程

木精(こだま)は熟練した職人の技を必要とする釜炊き製法。この製法で一から石鹸を作れる職人は、日本で十数人程しかいないと言われています。木精(こだま)は職人の手で丹念に作られているのです。

天然木酢石鹸 1:石鹸を製造するための油脂の配合
石鹸の性能や品質の安定性を考え、常に高品質な原料を厳選しています。
天然木酢石鹸 2:油脂が水酸化ナトリウムと反応して飽和状態になったところ
ここから 3 までの工程で、石鹸の出来の善し悪しの大半が決まります。(鹸化釜に熱を入れるタイミング、水添加、釜の熱加減、熱を止めるタイミング等)
天然木酢石鹸 3:加熱しながら水を添加してクリーム状にし塩分析を行う
全ての工程(塩分析)が終わり、最大限の熱をかけます。ここが、石鹸素地の命の状態。
天然木酢石鹸 4:熟成期間
3で出来た石鹸素地に蓋をし、完全密封の状態にして24〜30時間静置。(素地熟成)
5:石鹸素地の枠流し工程
石鹸素地と木酢液をステンレス枠に流し込み、すぐにステンレス棒で気泡(空気)を抜いて、素地の密度の一定化を行い、約2日間そのまま静置。(自然乾燥・熟成)
天然木酢石鹸
6:枠抜き工程
万力でゆっくり枠を抜きます。
天然木酢石鹸
7:石鹸切断工程
全てピアノ線で切断していきます。
天然木酢石鹸
8:最終熟成工程
切断された石鹸は、杉のスノコに並べてしばらく自然乾燥し、検査終了後、石鹸乾燥室に約2日間静置します。その後、包装して完成。
天然木酢石鹸
HOME | SITE MAP <<BACK | PAGE TOP↑
空 -Coo-

空−くう−

〒679-1107 兵庫県多可郡多可町中区奥中668
TEL:0795-32-1772 FAX:0795-32-3669 E-mail : takagi@coo88.jp
(C) 2007-2016 coo88.jp All Rights Reserved.